さかさまのせかい。

時には世界をさかさまにみてみる。